多重債務にならない為に!多重債務についての情報を頭に入れておく!!

> カードローンでかかる利息の計算方法

カードローンでかかる利息の計算方法

カードローンの返済方式は、残高スライドリボルビング払いが主流になっています。
これは、毎月最低限の返済をしており、利用可能限度額の範囲内であれば、
いつでもいくらでも追加借り入れや返済が自由にできるというシステムですので、
ほとんどの人が追加借り入れをして、限度額一杯まで借り入れが膨らんでいます。

カードローンの利用をしている人のほとんどが、
利息の計算方法についてきちんと把握していませんので、
毎月のカードローンの利用残高がどれくらいか、月々の支払額のうち、
元本と利息の割合がどのようになっているかなどを理解しておらず、
このように気軽に借り入れをしてしまうのです。

こうして返済に行き詰ってしまい、他社からの借り入れ、
多重債務への道をたどってしまわない前に、
利息の計算方法を把握しておくことが大切です。

それほど難しくない利息計算

カードローンの利息の計算方法は、理屈としてはそれほど難しいものではありません。
まず、前回の取引日から今回の取引までの日数を、
365日(一部業者では、うるう年は366日)で割ります。
その数に前回の取引日時点での残元本と年利を乗じれば、
前回から今回の取引日までの利息が出てきます。

一例を挙げると、
10万円を18%の年利で借り入れたカードローンについて、
初回返済を30日後に5000円払ったとすると、
10万円×0.18×30/365日=1479円が利息、
残りの3521円がカードローンの元本返済にあてられたということになります。
もっと詳しくという方は会社により金利の設定が違いますから多少かわるので
複数のローンキャッシング会社の情報を調べて比較するのが正確かと思います。

追加借入をしたときは、借入れをする前と後とで利息が変わってきますので、
全額利息としてそれぞれ計算することになります。

借りる前に利息分をもう一度考える

このように、カードローンの計算方法を知っておくと、毎月の約定支払額のうち、
いかに高い割合で利息が含まれているかがわかります。
実際、10万円かりただけでも完済までに数年間かかります。
カードローンを利用する時はあらかじめ、
この利息の負担を知っておくと計画的に利用できるでしょう。

借り入れの際に、せっかく借りるから多めに借りてしまうという話もよくきかれますが、
利息分を考えるとこういった借り方は無駄が大きく、
返済の負担を大きくしてしまうばかりで、メリットはありません。
例えば、5万円が必要であれば5万円だけ借りるという風に、
本当に必要な分だけ借り入れることが重要です。

なお、この計算方法を組み込んだ利息計算ソフトが
インターネット上ではいくつも無料で公開されていますので、
きちんと利用状況を管理したい人は、探してみましょう。