多重債務にならない為に!多重債務についての情報を頭に入れておく!!

> 借入一本化のデメリットはないの?

借入一本化のデメリットはないの?

借入を一本化するメリットって何?で借り入れの一本化のメリット
について説明しましたが、デメリットはあるのでしょうか?

メリットとデメリットに関して言うと、人によって感じ方が、変わってくるのですが、
当サイトが考えるデメリットを説明します。

借入一本化のデメリット

  • すべてを一本化できない場合がある
  • 金利が高くなる場合がある
  • 返済が長期化する場合がある
  • さらに借金する可能性がある
  • 借金が減ったわけではない

すべてを一本化できない場合がある

借入している件数や、借入総額によっては全てを一本化できない可能性があります。
複数社で借入している状態なので、当然審査も厳しいと思われます。
回収が不可能になる リスクもあるため全て一本化できない場合もあります。
もし全てを一本化出来ない場合は数社を金利が高いところから一本化するなどして、
一本化のシミュレーションを してメリットがあると納得できる形で
おまとめするのが良いかと思います。

返済が長期化する場合がある

メリットで月々返済額が楽になると言ったのですが、
このメリットが逆にデメリットになり得ます。 月々の返済額が少なくなっている場合、
元金の減りが少なくなるので、 返済が長期化します。
返済がきつい時は助かるのですが、もう少し多く返済できると感じた場合は
繰り上げ返済をしていく事が重要となります。
繰上げ返済する事で元金を減らしてなるべく長期化しないようにしましょう。

さらに借金する可能性がある

一本化することで返済が楽になったのは良いのですが、甘い罠が残っているんです。
何かと言うと、一本化する事で返済した他の消費者金融の借入枠です。

完済した形になり、枠は残っているため、借入することができます。
せっかく一本化したのに、この枠に手を出してしまうと失敗します。
絶対に使わないと意思が強い方は良いですが、
もしかしたら?使うかもと思ってしまう方は完済した消費者金融については
解約しておいた方が良いですね。

借金が減ったわけではない

勘違いしがちですが、複数の借入を一本化しただけなので 総借入額は変わりません。

一本化する際はデメリットも考慮し、強い決意で返済していかなければいけません。
再び他社で借入すると、多重債務になってしまいます。
多重債務を解決して返済していくために一本化をするわけなので、
同じことをしないように しなければいけません。