多重債務にならない為に!多重債務についての情報を頭に入れておく!!

> 多重債務の相談

多重債務の相談

自分ではどうしようも無くなった場合、なるべく、そうなる前に相談した方がよいですが...。
多重債務で苦しくなりそうであれば、
消費生活センターの多重債務相談窓口に相談してください。
自分では解決できない場合も多いので、なるべく早めに相談した方がよいです。

相談というと、身近な人を思い浮かべますが、
借金についての相談はちょっとしずらいですし、
ましてや多重債務となると、おそらく借入額も大きくなっているはずなので、
余計に言えませんね。

ただ、誰にも言えずにいると、解決向かうどころか、
借金のことを考えないようにしたり、向き合わなくなる可能性もあります。
そのままでいると、最悪の事態になりかねません。
ですので、上記で紹介したような相談窓口で相談することで、
解決策が見つかるかもしれません。

ちなみに多重債務に陥った際の解決方法として、返済が可能であるなら、
おまとめローンなどで一本化して返済していく事もできますが、
もう手に負えないところまできている場合は、債務整理という方法があります。

債務整理の種類

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 民事再生(個人再生手続)
  • 自己破産

任意整理

裁判所を通さずに債権者との話し合いで借入金や返済方法を決めます。
基本的に自分で行うのは難しいので、弁護士や司法書士に依頼します。
依頼したほうが債権者と対等に話し合いができるのでスムーズにすすみますし、
最適な見直しができるでしょう。

特定調停

裁判所を通して借金の見直しを行います。裁判所を通した任意整理です。
調停が成立すると判決と同じ効力があるので、支払いをきちんと守って行わないと、
給料や財産など、即差し押さえられたりします。

民事再生(個人再生手続)

裁判所に申し立てをして、住宅を所有している場合など、
家を手放さずに借金を減額する再生手続きです。

自己破産

裁判所に通して、自分の持っている財産をすべて手放し、
残った借金を免除してもらうことができます。

早めに相談することで、上記のような債務整理を行わずに解決できることもあります。
もしも手に負えなくなった場合は紹介したような方法を状況によって使う事で
多重債務を解決することができます。
重要なのは、こういった方法を使う必要がないように計画的に利用することです。
また返済できなくなる不安がある方は絶対に借入しないことが大切です。